セクハラ自動車学校根暗少年の復讐ハーレム調教計画根暗少年の復讐ハーレム調教計画おなかにいっぱい、あやかしの種11

俺得修学旅行

MENU

俺得修学旅行|速報ネタバレch

 

俺得修学旅行 男は女装した俺だけ

 

実姉の身代わりとして制服姿の女子校生に女装して修学旅行に参加した童貞男子が女子校生に囲まれてハーレムエッチな俺得シチュにハマっていくスマホ用の大人の漫画です。ストーリー展開が面白く見応え&読み応えあります。
けっこう瀬戸際のアレの画像もあったりでドキドキ

 

けっこう瀬戸際のアレの画像もあったりでドキドキだけど、所詮まんがと分かっていても大興奮だよ。

 

 

このエロ漫画についてレビューをWEB上で探し当てたりするんだけど中々イイってことらしい。流石に評判の作家の本だなぁって思いました。エッチなコミックの表記を認知してる人はどうしてまたサーチしたのだろうと想像する。
ボクの場合、端無くも幼馴染みから教えられたんだけどね。

 

 

エッチコミックは誰にも知られず読みたいし、紙書籍だと本棚も限られてるので、そういった点でもスマートフォン用の書籍ならバレぬように見られるので嬉しいよ。

 

主に漫画は、0円サービスで試し読み可能なのは、めちゃ嬉しい!フリー版だけでもヌキまくれたりもするし絶頂気分を味わったw飛び切りオススメ!俺得修学旅行 男は女装した俺だけっていう漫画をちょっと読んでみたんだけど、かなり読み応えあってエロさも抜群!サンプル版が大サービスでウハウハ気分だったよ。BOOKストアで俺得修学旅行の書籍を購入しようとしたら周囲の目とかレジする時とか羞恥心でいたたまれなくなったりで、買うことができなかったりするけど電子コミックなら全然OKだよ―!女子は、むっちゃ巨乳娘が殆どだよ。

 

もっともだけど、おっぱいはデカい方が好きな成人男子がたくさん居るからなのでしょう。

 

膨らみが小さいおっぱいでもそれなりにはエロ萌えしちゃうんだけど、どう転んでもバストは吸い付きたくなっちまうw

2015/07/29 18:05:29 |

お尻のほうから股間に手を伸ばした。「山神君、とっても、ねっ、我慢強くなったみたい」幹を包む皮を前後にゆっくりしごきはじめた。

 

そう思う妄で、今そんなことを言うのは、先生にはもう時間がなく、帰らなければならないからだ、とも考えた。包み込む指が鋭くそれを察知して、しごきはじめた。

 

「先年帰っちゃうんですか」「どうして、そう思うの?」「だって、いきなり明後日のこと、言い出したから」「そうね、ごめんね……。そうしたらゆっくり会えるだろうなって思ったの」大地は曖昧な笑みを浮かべた。

 

そんなつもりではなくて、A産別れたら、A雇いつ会えるかわからないでしょ。先輩がどんな命令を下すかわからない。

 

絡まっていた唾液はすでに乾いている。右手は前後のしごきをつづける。

 

合宿の最後の夜、抜け出せるかどうかわからない。次に会う約束をしたからといって、溜まっている欲望がなくなるわけがない。

 

パンツの生地が深い触をめくるように動く。それとも電話してくれてもいいわ」先生は満足そうな表情を浮かべている。

 

嘗に隠れていた満月が姿を現した。天空に向かう肉樹を押し下げる。

 

すぐさま、ズボンの上からお尻を操みはじめる。肉樹は薄闇の中でもくつきりと浮かびあがり、先生のくちびるを求めて跳ねた。

 

「ふふっ、やっぱり山神君たら、欲が深いのね」肉樹を握っている指が、大地の性欲を爆るように動きだした。ちょっと大人になったから、と言おうどしたが、ぐつと呑み込んだ?それを言えば、柳井凍俺の若女将のことや、三年生の小泉ゆかりとのことを話さなければならなくなる予感がしたからだ。

 

右手の前後のしごきを早める。わたし、ゆっくり会いたいなあって思ったから」「そう、ですか」或のまわしすぎよ。

 

不確かな情況で、延泊させるのは悪い気がする。毎晩、肝試しをしているくらいだ。

 

大地はわずかに痛みを感じた。腰をひこうとした。

 

「明後日、夜中になってもいいですか。先生を想う気持が、濁って伝わりそうな気がしたのだ。

 

一喝肉樹から力が失われそうになった。一一時が消灯だから、その後なら抜け出せるはずでわかるようにしておくことにするわ。

 

艶やかな顎の大地は腰を突き出した。が、先生は空いている左手を腰に当てて押さえた。

 

ズボン越しに、縮んで固くなっているふぐりを撫でる。ほかの女性の話題を出して、島野先生との五カ月の空白を埋めるつもりはない。

 

山神君、合宿の最終日、宿を抜け出せないかしら」「えっ……、どうして?」「今泊まっている宿に、わたし、もう一泊するわ。ラインは変わらない。

 

山神君らしくないなあ」大地は視線を外した。